食事療法で体質改善を

愛康内科医院

愛康内科医院では、食べ物こそ本当の薬、食べ物の摂り方の間違いが病気になるという信念から、
患者さんには食事療法を中心とした治療を行っています。
食べ物が変わることによって体質や気質が変わり、真の健康体を得ることができます。

食事療法とは

西式甲田療法をもとに 患者様の病状に応じた食事(各種断食、生菜食、玄米クリーム食、普通食)を、無農薬の材料を使用し、調味料には化学調味料等を使わず、 味噌や醤油などは材料の大豆から厳選したものを使って安全な食事を提供します。 また、敷地内には無農薬の畑があり、青汁の材料を栽培しています。食器洗浄器には合成洗剤を使用せず、せっけん洗剤のみ使用しています。

当院の特徴

  • 地下水

    地上からの汚染を受けない、岩盤下120mの地下水をいつも飲めるようにして、有害飲料水の害から患者さんを守ります。 また温冷浴用の地下水は直接温冷浴室に引いていますので四季を通じて治療に最適な18℃前後の水浴を利用できます。

  • 快適な入院生活

    当院では、入院患者さんの健康を守るため、様々な特殊材を使っております。 なかでも建物全体に投入されたヤシガラ活性炭は、地場の浄化、脱臭、雑電磁波の除去などの効果があり、より快適な入院生活が送れます。

  • ひのきの部屋

    七掛温冷湿布室には、ひのき材を使用しており、森林浴の疑似体験ができます。その他、健康に有効な木材の利用を行っています。

  • 症状に合わせた食事

    食事は患者様の病状に合わせて、医師と相談して決めていきます。

  • 独自の体操や運動

    老若男女問わず、食事だけでなく、体操や運動療法をすることで背骨の狂いを治し、血液循環をよくすることで健康体を作り上げます。

  • お薬に頼らない治療

    自分自身の自然治癒力で病気を治していきます。

  • 宿便の排出

    玄米や断食を中心とした食事療法や高圧浣腸などにより、宿便を排除し、本来の腸の働きを取り戻します。

  • 背骨の矯正

    万病のもとである背骨の歪みは、毎日矯正していきます。

  • アットホームな雰囲気

    スタッフが常駐しており、患者さん同士の交流も多く、アットホームな雰囲気のもと、無理なく断食等が行えます。

体験記

入院患者さまに、体験記を頂きました。

  • 体験記1
    女性(高血圧、心房細動)

    断食を通して胃腸が空になり、疲れがとれ、体重は約3キロ落ちたので体が楽になりました。血圧も3日くらいで平常になりました。

  • 体験記2
    女性(肥満症、脳梗塞、アレルギー、精神疾患)

    精神病で約20年間苦しみましたが食を通して病気は治るということがわかりました。食べないことで得るものがこんなにあって、お腹いっぱい食べることで失うものがここまであるなんで知らなかったと身をもって痛感しました。命の恩人の西部甲田療法に感謝です。

  • 体験記3
    女性(甲状腺機能低下症、高血圧症)

    今回は2回目のお世話でした。断食が全く苦にならず体操、運動、温冷浴、七掛、すべて消化できました。 年に2回くらい、リセットをかねて断食しに伺いたいです。

  • 体験記4
    男性(アトピー性皮膚炎)

    調子が悪くなると仕事が休めないため、ステロイド剤を使用していました。愛康内科医院に入院するとステロイド剤は使用せず、短期間で快方に向かいました。

  • 体験記5
    男性(自律神経失調症)

    食事、体操、温冷浴、七掛湿布などを行い、宿便が出て、スッキリし、心の落ち着きも取り戻すことができました。

  • 体験記1
    女性(高血圧、心房細動)

    疲れがたまっていたのと血圧が高い、体重が増えたことで入院。 断食を通して胃腸が空になり、疲れがとれ、体重は約3キロ落ちたので体が楽になりました。血圧も3日くらいで平常になりました。

  • 体験記2
    女性(肥満症、脳梗塞、アレルギー、精神疾患)

    精神病で約20年間苦しみましたが食を通して病気は治るということがわかりました。食べないことで得るものがこんなにあって、お腹いっぱい食べることで失うものがここまであるなんで知らなかったと身をもって痛感しました。命の恩人の西部甲田療法に感謝です。

  • 体験記3
    女性(甲状腺機能低下症、高血圧症)

    今回は2回目のお世話でした。断食が全く苦にならず体操、運動、温冷浴、七掛、すべて消化できました。 年に2回くらい、リセットをかねて断食しに伺いたいです。

  • 体験記4
    男性(アトピー性皮膚炎)

    調子が悪くなると仕事が休めないため、ステロイド剤を使用していました。愛康内科医院に入院するとステロイド剤は使用せず、短期間で快方に向かいました。

  • 体験記5
    男性(自律神経失調症)

    食事、体操、温冷浴、七掛湿布などを行い、宿便が出て、スッキリし、心の落ち着きも取り戻すことができました。

入院生活の予定

1日の流れ

7:00~

巡視

7:55

裸体操①

9:00~

青汁療法

9:20

七掛け湿布(週1~2回):A班

10:00頃

巡視・検温

10:05

七掛け湿布(週1~2回):B班

11:00

昼食、温冷浴開始

12:30

裸体操②

14:00頃

巡視

17:00

夕食

18:30

裸体操③

20:00頃

巡視

21:00

消灯

※背骨や循環などを整えるリハビリテーション、運動療法は各自の空いた時間で行います。

一週間の流れ

月曜日

医師診察/体重・血圧測定

(午前中、診療室にて)

火曜日

朝礼・体重・血圧測定

(午前8:40頃~七掛け湿布室にて)

木曜日

医師診察/体重・血圧測定

(午前中、診療室にて)

土曜日

朝礼・体重・血圧測定

(午前8:40頃~七掛け湿布室にて)

日曜日

ビデオによる勉強会

(午前9:30~一階待合室にて)

当院で受けられる健康診断

  • 健康診断

    市が実施する検診

    特定健康診査
    生活習慣病予防健康診査

    市以外が実施する検診

    各医療保険者が実施する特定健康診査
    後期高齢者健康診査

  • がん検診

    胃がんリスク検査
    大腸がん検診
    前立腺がん検診
    肺がん・結核検診

  • 定期健康診断

    対象

    35歳と、40歳以上
    35歳未満と、36歳~39歳
    雇用時(入社時)の健康診断

  • その他の検診

    骨粗しょう症検診
    肝炎ウイルス検査